ロングステイビザ(リタイヤメントビザ、Oビザ)の1年取得

定年を迎えて第2の人生を海外で過ごすという日本人も増えています。その滞在国としてタイがあげられます。タイは比較的、治安もよく、日本人と同じ仏教国でもあり、また食事も主食はごはんです。特にタイ第2の都市チェンマイは、山間の盆地なので、土地構造的に安定しており災害が少なく、バンコクなどに比べると涼しく過ごしやすいのが特徴です。

 日本からやって来る人のほかに、タイで駐在員として働いている人も定年を迎え、そのままタイで長期滞在する人も急増しています。このような人たちがタイで1ヵ月以上、安心して過ごすのに、滞在ビザが必要になります。そこでタイ政府がこのような人を対象に出している滞在ビザがノンイミグラント・Oビザ(通称:ロングステイビザ)と呼ばれるものです。対象は50歳以上で、80万バーツの預金をタイでしている人、あるいは毎月の年金額が65,000バーツ以上の人。

 取得の方法は何通りかありますが、弊社では10年の実績と経験を生かして、適正な価格で迅速に、そして確実にOビザが取れるよう代行しております。料金等は以下の通りです。


①タイに来て初めてロングステイビザを取る場合

・タイの自分の銀行口座に80万バーツ以上を入金済み
・日本からその80万を送った英文の送金証明がある
・ビザなし30日の入国

 以上のケースでは

■手続き代行料⇒8,000バーツ
■実費⇒3,900バーツ

 用意するもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚
・タイで80万バーツの銀行残高証明
・預金通帳
・日本からの送金証明

※ご本人もいっしょに入管にご同行いただき、まず3ヵ月のスタンプが押されます。その後、3ヵ月のちにまた行き、1年のビザ取得。


②タイに来て初めてロングステイ・ビザを取る場合

・タイの銀行口座に80万バーツがない
・タイでの銀行口座がある
・ビザなし30日の入国

以上のケースでは

■手続き代行料⇒9,900バーツ

用意するもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚

※入管に同行していただく必要はありません。10日ほどで1年3か月分のビザを取得できます。


③タイで働いていて、そのままOビザ(ロングステイ・ビザに切り換える場合)

・タイの銀行口座に80万バーツが3ヵ月以上ある

以上のケースでは

■手続き代行料⇒9,000バーツ
■実費⇒1,900バーツ

用意していただくもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚
・辞める(辞めた)会社の辞職(退職)証明
・80万バーツ以上ある銀行証明
・銀行通帳

※ご本人も入管へご同行いただき、Bビザを入管でキャンセル、そのままOビザを取得、1年間のスタンプが押される


④タイで働いていて、そのままOビザ(ロングステイ・ビザ)に切り換える場合

・タイの銀行口座に80万バーツが3ヵ月以上ない

 以上のケースでは

  手続き代行料⇒19,000バーツ

ご準備していただくもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚
・辞める(辞めた)会社からの辞職(退職)証明

段取り
入管へご同行いただく必要はありません。10日ほどで1年分のビザを取得できます。


⑤Oビザを持っていて、2年目以降の更新

・タイの銀行口座に80万バーツが3ヵ月以上ない

 以上のケースでは

手続き代行料⇒19,000バーツ

ご準備していただくもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚
・銀行通帳

※弊社にパスポート等を持参いただきます。入管に行く必要はありません。10日ほどで1年分のビザを取得できます。


⑥日本での年金支給額で取得する人

・日本の年金手帳があり、1ヵ月に換算して65,000バーツ以上の支給額になる人

  手続き代行料⇒9,000バーツ

  実費⇒3,900バーツ

ご準備していただくもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚
・手帳の翻訳証明(タイの日本大使館で取る)

※タイにある日本大使館で年金翻訳証明をもらい、入管へ出向く。3ヵ月取得、その後、3ヵ月のちに1年取得。


リエントリービザの取得

ロングステイ・ビザの取得ののち、タイから国外に出る場合は、出入り自由な、いわゆる通行手形である、リエントリービザを取る必要があります。取得したビザの期間中、何回でも出入り可能なマルティプルと、1回のみ出かけて戻るのに使えるシングルの2種類があります。1年のビザが取れたら、マルティプルを取っておくのがよいでしょう。

マルティプル取得

■代行手数料⇒1,500THB
■実費⇒3,800バーツ

用意するもの

・パスポート
・写真4×6cm 1枚

シングル取得
■代行手数料⇒1,500THB
■実費⇒1,000バーツ

ご準備していただくもの
・パスポート
・写真4×6cm 1枚

※ご本人の入管への同行の必要はありません。なお、ロングステイ・ビザを取得すると同時に上記のリエントリー・ビザも合わせて弊社で代行できます。


その他

■夫婦でOビザを取得する場合は夫婦で80万バーツ必要

■ロングステイ者向け個人口座開設
ノービザの人でも、タイにある日本大使館の推薦状を銀行に持っていけば、開設できます。

■リタイヤメントビザでは就労できません